スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
それぞれの3.11
2012 / 03 / 11 ( Sun )
あれから1年が経ちました。

あっという間の1年のような、ようやくの1年のような。

あの日、あの時、あぁしていれば・・・そう思った人は、どれくらい居るんでしょうね。


去年の3月11日(金)、3月になったというのに、その日の金沢はまるで冬のように雪が降っていました。

さぞかし、東北も寒かったでしょうね。


120311-11-1.jpg

私は朝から、らんの写真を撮っていました。

「らんちゃーん、今日お父さん帰って来るよー」

と言いながら。


120311-11-2.jpg

その日は、入院していた父が退院する日でした。
父が退院して、家に帰って来たのは昼頃。地震があったのは、それから3時間程後でした。


私は地震があった時、「地震」だとは思いませんでいた。ただ、何とも言えない「気持ち悪さ」を感じていました。
まるで船酔いでもしているかのような。

風邪なんかな・・・疲れてるんかな・・・。

すると、職場の一人が突然「地震!」と言って、「えっ?」と思うと、目の前のブラインドがゆっくーり揺れていたのです。


TVでは、これが現実の事なのかどうなのか分からないくらいの、真っ黒な津波の映像。
車も、家も、何もかもが流されて、ただもう唖然とするばかり。

その日はそれ以降客もぱったり来ず・・・そりゃそうだ、皆TVに釘付けだろうから。


夜、父が退院したお祝いで、回転寿司に行く事になっていたのですが、「いくら何でもよりによってこんな日に行かなくても・・・」「また後日でもいいじゃん」とは言ってみるものの、まぁ、入院中からずっと行きたい行きたいと言っていたから、という事で行きました。


・・・・・あんなに人の居ない回転寿司は初めて見ました。
(勿論、流行ってるお店ですよ!)


家に帰ったのが、20時。TVを付けると、暗闇の中で真っ赤に燃える気仙沼の映像。


それからずっと、地震、津波、原発、この1年でそれらに関わるニュースが無かった日はありませんね。


その翌日の朝、らんは久々に父と散歩に行きました。


120311-12-1.jpg

こんな当たり前の日常が、たった一瞬で失われてしまった被災地の人達。

飼い主が亡くなった、犬が亡くなった、或いは流され、行方知れずになったり、原発事故による強制避難で置き去りにせざるを得なかったり・・・いっぱいあったでしょうね。

金沢に親戚を頼って避難してきた福島県の人から、犬を連れて避難所に行ったけど、犬連れでは体育館の中には入れて貰えず、体育館の廊下で何日も過ごした、という話を聞きました。

「人間でさえこんな大変な時に・・・」そう言われても仕方ない状況ですからね。。。


120311-12-2.jpg

前日の雪は、まだ解けずに朝の散歩で残っていました。


この震災で亡くなった、行方不明になった、その数は2万人近く。
けれど、たった1人が亡くなっても、その1人に対して、家族、友人、知人、などなど、関わる人、悲しむ人・・・何十人であったり、何百人であったり、或いはもっとそれ以上だったり。
そう思うと、亡くなった人数で悲しみの量は計れないんですよね。


ちょっとずつでも、年月がかかっても、東北が、日本が、前に進んでいく事を願っています。


少しずつでも、目に見えなくても、何も変わっていないと言われても、それでも、あれから1年は経った、3.11。


ぽちっお願いしますワン。
にほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
03 : 09 : 09 | * らんとらん姉 | コメント(2) | page top↑
<<チョコっと季節ハズレ・・・ではなく | ホーム | 友犬ラン公>>
コメント
--はや1年・・・--

去年の今・・・
学校で地震に遭ったこどもたちが無事帰ってきてホッとした時間・・・
TVを見て、いま目の前の現実が飲み込めなかった時間・・・
たまたま仕事が早く終わって帰ってきた私&たまたま有休で家にいた旦那・・・
そうでなかったら、二人とも帰宅困難者になっていましたi-241
14時46分に(自分のブログを書いてましたが・・・)防災無線の呼びかけで、黙とうをしました。
ただただ、これからの復興を願う私がいました。
by: れおんかあちゃん * 2012/03/11 15:54 * URL [ 編集] | page top↑
--夢か現か--

>>れおんかあちゃんさん

あの時、TV見ながら思ったんです。
「これは映画のCGだ」
「これは夢なんだ、そのうち目が覚めたら、きっと・・・」

現実は、夢よりもはるかに現実味がありませんでした。
今も、日本全体が長い悪夢にうなされているだけで、目が覚めれば・・・そう思う時もあります。

あれからちょうど1年、黙祷の時間、私は風呂場でらんを洗っていました。

こうゆう何気ない日常がある事に感謝しなければ、と思いましたね。
by: へる * 2012/03/11 20:59 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。