スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
屋久島旅行記 ~2日目・後編~
2012 / 07 / 23 ( Mon )
7月14日(土) ~2日目・後編~


15:00、屋久島で泊まる宿に着き、チェックイン。

夕食まで時間があるので、どこか近場に見て回る所がないかオーナーのお母さんに聞くと、少し歩いた所に「憩いの森」という所があるらしく、なかなか歩き甲斐のある場所らしい。


120714-b1.jpg

翌日の縄文杉登山の練習がてら、トレッキングシューズを履いて行く事に。


120714-b2.jpg

私以外誰も居ない!なんて贅沢!だだっ広くて清々しい!!

らん連れて来たら喜びそうな場所やなぁ・・・。


奥へ進んで行くと、木々が生い茂る道がずっと続いていました。


120714-b3.jpg

屋久島は亜熱帯に近く、木の種類や大きさも、いつものお山で見る木々とは全然違います。


120714-b4.jpg

こんな枝、手で触れる高さまで降りてる木なんか無いし。うねうね~。


120714-b5.jpg

シダ植物も、植物っていうか最早これは木?


120714-b6.jpg

ずんずん進んで行きますが、案内板の一つも無けりゃ、辿り着く先も無い。

もうかれこれ1時間は歩いたんだけど・・・(´_`;)


すると、前方から第一村人発見!!!(違)


「この先歩いて行ったら何があるんですか?」

「川がありますね」

「川かぁ・・・あと何分くらい掛かりますか?」

「分じゃないですねぇ・・・・あと1時間くらい(^^;)」


げっ。そんなに歩いたら帰り夕食に間に合わないかもしれない。

キリの良い所で、もと来た道を引き返しました。


120714-b7.jpg

影に映る自分。


帰り道、茂みの中に何かの気配が。


シカ!!屋久島の鹿、ヤクジカだ!!

親1匹と子ジカ2匹!

そぉっとデジカメに手を伸ばすと・・・あ、目が合った!


逃げられた・・・(ToT)トホホ



大体2時間、散策しました。


宿に戻り、オーナーのお母さんの息子さん(若いパパさん)に「憩いの森どうでした~?」と聞かれ、暫く談笑。

縄文杉登山の事も色々聞きますが、「たま~に体力無い女の人とか途中で挫折する事ありますけど、大抵皆さん登れてますよ」との事。


「そ、そうなんですか?私毎週末、近所の山2時間くらい歩いてるんですけど大丈夫ですかね?」

「あ~じゃあ問題ないでしょう!」


おぉ、なんか自信付いて来たぞ!!ヽ(゚∀゚)ノ


話している内に、三人組が宿にやって来ました。鹿児島から来たそうで、明日同じく縄文杉登山するって。


夕飯前まで少し休んで、宿の3歳の女の子と遊んで(遊ばされた?)たら、お姉さんが一人やってきました。

話を横で聞いていたら、本当は友達と二人で来るハズだったんだけど、九州の大雨で九州新幹線が動かず、一人で先に来た、との事。

やっぱりあの大雨で影響出た人居るんだなぁ・・・私も理由は違うけど、遅れた人間の一人だし。


120714-b8.jpg

夕飯。宿のご飯~って感じで、地元の食材が旅人には有難い(^^)


同じテーブルには、おじさん三人組と、さっきのお姉さんと、私。

いつの間にやら、おじさん三人組と、お姉さんと私とワイワイ話しながらご飯を食べていました。


このおじさん達三人共、実はすごい肩書きの方達なんですが・・・おじさん達は東京在住、小中の同級生で、10年くらい前から同級生で募って毎年必ず旅行に行ってるって。

この屋久島旅行を発案したのは、KM氏。実は以前屋久島に来た事あるそうで、その時は奥さんとだけど、縄文杉も登って、「すごく良かった」って話。

KM氏は縄文杉登った事あるから、如何に縄文杉が素晴らしいかを見せてあげたくて、この旅行を提案したけど、参加したのは、S氏とKJ氏を含めて三人だけ。要するに、体力に自信のある人だけ。


KM氏、30歳過ぎてからテニスし始めたそうで、「私もテニスしてるんですよ~!」と話をしながら、「そうそう!」「分かりますよ~!」と共通の話題。


おじさん達も明日縄文杉登るそうで、あ、お姉さんも以前縄文杉登った事あるそうで(今回は登らないけど)、登山のアドバイスも色々してくれました。


「明日用にリュックに私ペットボトル4本入れたんですけど、大丈夫ですかね?」

「要らないよそんなもん!!水なんてどこででも汲めるんだから、空のペットボトルで十分だよ!!」

へ、へぇ~そうなんだ。。。大声を出すKM氏に、お姉さんはうんうんと頷く。


屋久島、縄文杉の話だけでなく、政治、経済、社会、教育、その他諸々、おじさん達と和気藹々と色んな話をしてましたが、印象的だったのはKM氏の「縄文杉見たら、悪い事しようなんて気は無くなる。人を騙そうとか、陥れようとか、そんな気持ちは無くなる」という話でした。


ご飯食べ終わったの(とっくに食べ終わってたけど)、食べ始めてから2時間後でした。飲み会レベルやなぁ。。。


おじさん三人と、お姉さんと、私と、宿の3歳の女の子と、記念に写真を撮りました(*^ω^*)
まるで、今日初めて会ったとは思えないくらい、打ち解けてました。


部屋に戻る時に、KM氏に「明日どうやって行くの?」と聞かれました。

縄文杉登山をする人は、まず屋久杉自然館という所まで行きます。そこから専用のバスに乗って、荒川登山口という所で降りて、そこから自分の足で登るのです。


「ここのお母さん明日自然館まで車で送ってくれるっていうので」

ここの宿、そうゆうサービスあるんです。あ、屋久島のホテルや宿なら必ずあるワケじゃありませんよ!

「へぇ~。送ってくれるんだ。別に同じ所行くんだから、

俺らの車乗せてってあげてもいいよ。5人乗りの所、3人しか乗ってないし、1人増えた所でどうって事ないし


「えっっ?!いや、でも・・・」


すごく嬉しい申し出でしたが、私には、荷物の問題がありました。


私は、縄文杉まで登っても、降りてきたらその日はここの宿には連泊しないのです。
早朝ここの宿をチェックアウトしたら、戻ってくる事は無いので荷物は置いておけない。しかし、縄文杉を登る所のふもとにはコインロッカーなども無い。
なので、早朝屋久杉自然館に送って貰う前に、港(宿から車で15分くらい)へ行って、荷物(ドクロトランプのキャリー)をロッカーに入れて、そこから自然館へ向かって貰う、という予定でした。


ん、いや・・・ちょっとマテ・・・こーゆう事は出来ないのか?


KM氏に私の荷物の問題を話して、



「もし可能ならば、皆さんの車に乗せて頂いて、トランクに私の荷物置いておいて貰う事って出来ないでしょうか?縄文杉から降りて来る時も、一緒に降りて来ますから!」



すんなり「いいよ」でした。




キタ―*・゜゚・*:.。..。.:*・゜(゚∀゚)゚・*:.。. .。.:*・゜゚・*―!!!!!




かくして、宿を同じくした、2時間前に会ったばかりのおじさん三人組と、次の日一緒に縄文杉まで登る事になったのです。


一応、こーゆう事もあるかと、持ってきた名刺(らんとの共用)を渡すと、おじさん達も名刺を下さいました。KJ氏だけくれなかったな・・・持って来なかったのかな。


あぁ、それにしても、こんな凄い肩書きの名刺貰った事ないよ・・・まさか旅先でこんな凄い方々とお知り合いになるとは。。。


「明日皆さんの車に一緒に乗せて頂きます!宜しくお願いしまーす!!」

さっきの話の時、S氏もKJ氏も一緒に居なかったけど、すんなりOK。


「気を付けないと、ひょっとしたらオオカミかもしれませんよ~~?(*´∀`*)」

と冗談を言ってくるS氏。


あれ?縄文杉見たら悪い事しようなんて気は無くなるって話でしたよね?(笑)


ぽちっお願いしますワン。
にほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
23 : 46 : 53 | 屋久島 | コメント(4) | page top↑
<<屋久島旅行記 ~3日目・前編~ | ホーム | 屋久島旅行記 ~2日目・前編~>>
コメント
--いよいよ・・--

登山ですね!!

いいなあ~~~・
by: ゲンママ * 2012/07/24 10:15 * URL [ 編集] | page top↑
--いよいよです!--

>>ゲンママさん

いよいよですよ~!
これを契機に山ガールになりそう(なりたい)です(^m^)
by: へる * 2012/07/24 22:41 * URL [ 編集] | page top↑
----

やっぱり、へるちゃんの人徳だよ~。
そうそう2時間では打ち解けられないもの。
かくなる私もかなりの人見知りだから屋久島には憧れるけど・・・ムリだな。

屋久島は木が全然違うね。
木からツルが下がっていたりシダの大木状態なのとか自由奔放に成長していて・・・。
ヤクジカはどんなでしたか?本土のシカとはまるで違うの?

きれいな広い場所に立ち
らんちゃんも連れてきたら喜ぶだろうな~って
あれは解るような気がしました。

暑中見舞いのはがきをありがとう。今日届きました。
TとらPぽっちゃりPプロポーション
うまい!!座布団1枚!!
by: とらのはは * 2012/07/26 20:41 * URL [ 編集] | page top↑
--届きましたか~!--

>>とらのははさん

いやぃゃ、人見知りだろうとなかろうと屋久島は行けますからね!(苦笑)そこは勘違い無きよう。
現地で出会った人と親しくなれるのは一人旅の醍醐味だと思います!

ヤクジカ、奈良公園のとどう違うんだろ?

暑中見舞いハガキ、さぞ「なんじゃこらゃ」と思ったでしょうね。スミマセン、どうしても“どこか”に出さなきゃいけなかったので。せめて笑いでごまかしました。
by: へる * 2012/07/27 13:29 * URL [ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。