スポンサーサイト
-- / -- / -- ( -- )
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-- : -- : -- | スポンサー広告 | page top↑
屋久島旅行記 ~4日目~
2012 / 07 / 30 ( Mon )
7月16日(日) ~4日目~


縄文杉を8時間かけて登って下って・・・その翌日、私は6時に起きました。

しかし、前日寝たのは夕方6時。

何度か目が覚め、同室の人達と喋る事はありましたが、起き上がる事はせず、約12時間寝ていた事になります。


やっぱ、疲れてたんやな・・・(^_^;)


6人相部屋の安宿。同室の三人組の関西から来た女の子達も、同じ日に縄文杉登山をしていたのですが、彼女達と話をして分かったのが、私とおじさん達はかなり早いペースで歩いて帰ってきた、という事でした。

私は千尋の滝も寄ってから、この宿に来たのですが、彼女達はどこにも寄らずに真っ直ぐ帰って、その時には私はシャワーを浴びて、洗濯して干して、ご飯食べて寝てから1時間経っていました。


8:00、宿を出てバスに乗り、10:00、遅い朝昼兼用ご飯。




黒豚のハムのモーニング。パンに付いて来たのは、地元の果物たんかんジャム。


お土産屋をダラダラ巡り、時間を潰しました。もうちょっと時間に余裕があれば、もう少し見て回りたい場所はあったんだけど・・・まぁ、最大目標の縄文杉登山は実現したから、良しとしよう。


120716-2.jpg

白い雲、青い海、緑の山・・・さらば屋久島、また来るよ。


13:30発のフェリーで鹿児島へ向けて出発しました。

行きと同様、気長に4時間。あと1時間くらいで到着・・・という頃になって、船内アナウンス。
港に到着してからタクシーを利用する人は、予約出来ますよ、とな。アナウンス聞こえてすぐに予約しに行きました。


120716-3.jpg

おぉ、行きの時も通過した桜島!とうとう戻ってきたぞ~!

30分前くらいになって、荷物まとめて出口にスタンバイ!これですぐに下船出来るぞ~!


予定より10分早くて、17:30に鹿児島の港に到着。

タクシーを予約した客は、タクシーが船の真ん前に待っていてくれて、自分の名前を書いたカードを掲げていてくれています。

私を待っていてくれたタクシーはケバい(失礼!)おばちゃんドライバー。

「どこまで?」

「鹿児島空港まで!」

「ありがとさ~~ん!」

鹿児島の港から空港まで循環バスがあるんですが、それに乗ると1時間以上は掛かるんです。けれど、私が乗る飛行機は18:55発。

フェリーを降りてから、約1時間の飛行機・・・手続きなども考えると、とてもじゃないけどバスでは間に合いません。

けれど、屋久島に行く前に私は「鹿児島の港から空港までタクシーで35分で行ける」という事を分かっていたので、安全策でタクシーを選んだのです。
料金が1万円くらい掛かるという事も、勿論聞いて知っていましたが、飛行機に間に合わない事を考えれば、や、安いものですよ・・・ほほほ(´∀`;)そりゃ「ありがとさ~~ん」って言いたくなるのも分かるわ。

飛行機の時間伝えると、「以前も『飛行機に間に合わない』って泣いてアタシのタクシーに乗った子居たけど、30分で着いてやったよ!」となんとも頼もしいおばちゃんでした。


空港にも十分余裕の時間に到着して、「お土産見る時間もたっぷりあるよ!」と言われ、お土産見てたら、屋久島でいっぱい買ったのに、また買っちゃったよ。


18:55、鹿児島空港から羽田空港へ。

そう、行きは関西(いや、結局伊丹だったんですが)からだったんですが、帰りは羽田。
関西経由で帰りたかったのですが、空席があったのが羽田だけだったので(><)

20:40、羽田空港に到着。


手荷物のベルトコンベヤーでぼぉ~っと自分の荷物が流れてくるのを待ってたら、


「あれは・・・?」


見た事ある人達が目の前を歩いて来るのです。


なんと、あの、一緒に縄文杉を登ったおじさん三人組!!


まさかまさか、同じ飛行機に乗っていたとは。。。


おじさん達も気が付いて、手を振ってくれました。

次の日の宿に送って貰ってから、あの後どうした?とか、ご飯食べたか?とか、船降りてからの飛行機間に合ったんだね?とか色々心配して下さいました。

おじさん達は、縄文杉を下りてから、夜はウミガメを見に行き、翌日には白谷雲水峡(もののけ姫の森と言われる場所)へ行ったそうです。往復で6時間掛かると言われる白谷も「4時間で帰ってきたよ?」と。さっすが!!

私は羽田から東京駅に出て、そこから夜行バスで金沢に帰るという最後のプラン。


おじさん達と一緒に羽田から一緒に電車に乗り、色んな話をしていましたが、山手線の浜松駅まで来て、私とおじさん達はお互い逆方向へ。。。


またもや、おじさん達にお礼を言い、頭を下げ、手を振って・・・おじさん達は「またね~!」と。


私は、ずっと昔から屋久島に行きたくて、縄文杉が見たくて、この旅を決行しました。

けれど・・・


「旅は道連れ、世は情け」


そんな言葉がぴったりの旅だったと思いました。


ぽちっお願いしますワン。
にほんブログ村 犬ブログ 秋田犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
23 : 33 : 41 | 屋久島 | コメント(0) | page top↑
<<屋久島旅行記 ~あとがき~ | ホーム | 屋久島旅行記 ~3日目・後編~>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| BLOG TOP |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。